仕事をしているというどうしてこんなことしなければいけないとしてしまうことがあります。キャリアしてとっくに随分と時刻が経ちましたが今もこういったことを考えて仕舞う人とは不思議なものですね。

顧客は何のためにはたらくのかというと、摂る結果、または、今後働けなくなったときのために元手を貯える結果、という結論だと感受します。
合っているといった感受しますが、一段と根源的には何が起こっているのか、はたらくため何が成し遂げられているのか考えています。
そもそも動くことは大昔は穢れたことだと思われていたようです。
それがご時世とともに、はたらくことは喜ばしいものだと思われるようになってきました。
そこには、感情が関係していたことが分かります。
確かに、働くと特徴のようなものがあります。
そうして、元手をもらえると、魅力が得られます。
こういう繰り返しですが、これは癒しなのではないかという感受します。
はたらくため、一種の癒しが行われている、というようになりました。
癒しの容積やレベルを求めて、業を変えたり、結婚したり行なう。
癒されれば癒される間近、喜びが得られます。
未来永劫に渡って、こういう喜びが得られるように、顧客は仕事をしているのではないかと、感受します。
癒しは大切だと感受します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です