ダンサーに肉はかかせない

昨今スーパーマーケットに行ったのはおんどりのもも肉が100グラム55円で売られていたからだ。
もちろんブラジル産のブロイラーだ。
でも、縮減のために常におんどりの乳房肉のみを食べていらっしゃるうちんちにとっては、おんどりのもも肉はご馳走だ。
買い出しにいくと大きな群衆が2つはいって300円ほどで購買できたのはとてもハッピーことです。
これをどんなに美味しく調理をするかが、私の上腕によるわけです。
ひとまず、一つの肉の拒否を、とことん斜めに(ひし形のように)切って、表面積をおおくカットしてその幾分を筑前煮にしました。
そうして残余幾分の細くカットしたものはから揚げしました。
これで違う味わい、違う処方箋で二ごと楽しめますし、お弁当にも入れられます。
自分大喜びでした。
二度と留まるさほどの拒否は艶焼きに行う。
新規を食べさせるのではなく、前もって調理しておいて、冷める時に味わいもしみていくのです。
そうして冷めると、小さく斜めにカットすることが出来ます。
これで一つの拒否で家族4人の惣菜にすることが出来るのです。
300円で3ごと美味しく食べられたおんどりのもも肉に大満足だ。

ベルリアン使ってみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です